本文へ移動
生きがいと
ふれあいのあるまちづくり
誰もが住みなれた地域で
安心して暮らせるまちづくりを
目指していきます
身近な地域の
つながり・支えあい

新着情報とお知らせ

南島原市初!認知症高齢者徘徊模擬訓練が開催されました。
2019-11-18
 令和元年11月9日(土)に、口之津町前方自治会(山本芳文自治会長)をモデル地区とした「認知症高齢者徘徊模擬訓練」を開催致しました。
 この訓練は「いくつになっても住み慣れた地域で暮らし続けるために」を合言葉に、認知症への正しい知識と理解を深め、地域で見守り、支え合うことのできる地域づくり(関係づくり)を目的として開催しました。
 訓練では、南島原警察署より県内での高齢者徘徊事案や要保護者への対応方法、捜索願届の提出手順などの紹介や南島原市(福祉課)からは、QRコード(南島原市認知症高齢者等見守り事業)の紹介が行われました。
 また徘徊模擬訓練前には、ボランティア団体ささえさんの会(代表 塩田絹代氏)による、認知症講座や声かけの寸劇も披露され、参加された地域住民からは、「勉強になった」、「事前学習があったので、勇気を出して声かけができた。」との意見があげられた。
 徘徊模擬訓練では、5人の認知症高齢者役者が地域を徘徊し、参加者が4人1組となり、声かけから保護までの流れを訓練した。
 
 
○訓練に関するお問合せは、南島原市社会福祉協議会 地域福祉課(☎0957-65-2888)
認知症者への対応方法を寸劇を通してレクチャーする
電話で家族へ連絡する様子
訓練の様子①
訓練の様子②
社会福祉法人
南島原市社会福祉協議会
〒859-2121
長崎県南島原市有家町石田8番地46
TEL.0957-65-2888
FAX.0957-82-0813
TOPへ戻る